人は死んだらどうなるのか?

人は死んだらどうなるのか?誰もが一度は考えたことのある問題だ。

死に関する話が好きだという人はいない。僕たちは死を嫌う。病院では4が付く病室がないぐらいだ。

しかし、死について学ぶことはとても重要なことだ。それは死が避けて通れない道だからだ。

ボクが死について考えるのは死ぬためじゃない。生きるためなんだ。-フランス作家
もし今日が人生の最後の日ならば、今日することは本当にしたいことか?  – Steve Jobs

忌み嫌われている「死」だが、死を意識して生きることで、僕たちの人生は大きく輝き出す。死と隣り合わせであると自覚しておく事は、人生を左右する最も重要なツールだ。

今回は、人は死んだらどうなるかについて客観的な事実をもとに書いていく。

宗教から死を考える

人は死んだらどうなるのか?この答えを宗教によって見出すことはできない

なぜなら世界中に数多くの宗教が存在しているからだ。さらに多くの宗教は、その時代の権力者の手によって、都合のいいように内容を置き換えられている。

例えば、キリスト教は世界がいずれ終焉すると言う、終末思想を前提としており「最後の審判」によって天国か地獄かが決まる。死んだら生まれ変わるという概念は無い。(ユダヤ教から分離した当時は、生まれ変わりと言う概念は存在した)

対する仏教には輪廻転生や成仏という考え方がある。これは生まれ変わりや悟りを意味する。ちなみに日本には「お盆」という、先祖の魂がこの世へ帰ってくると言った考え方があるが、約6割の国民が無宗教に属している。

要するに、宗教が違えば思い描いている死後の世界も違うのだだから宗教から死後の世界を見出すことはできない。さらに死を宗教で語れば争いのもととなる。これは歴史が証明しており、宗教の力は僕たちが想像しているよりもずっと強力だ。

だから、僕たちは、科学に基づいて客観的に死後の世界を見ていかなければいけない

その上で大切なのが科学に基づいた「死生学」だ。

死生学から死を考える

死生学とは、死について「医学」「心理学」「哲学」など様々な立場から、科学的に死を研究した学問だ。ここからは、死生学研究の一つである「臨死体験」と「祖先の記憶」に着目し死後の世界を見ていく。

「臨死体験」とは、 死に非常に近い状態から回復した人が体験した現象のことを指す。つまり一度天国を訪れた人の話と言うことになる。

興味深い事に、この体験を統計的に分析すると共通する部分が多い。一度は聞いたことのあるような流れだが、ここで注目すべきことは、死後の世界に地獄など存在しないと言うことだ。


  1. 対外離脱する(肉体から魂がぬける)
  2. 苦痛から解放され、心が静まり安らぐ。
  3. すでに死んだ身内、友人との再会。
  4. 走馬灯で自分の人生を振り返る。
  5. 暗いトンネルを通る
  6. 天国のような場所で光と遭遇し「愛」「学び」に関したメッセージを受ける。
  7. 死後の世界に地獄は存在しない

この体験はキリスト教だろうが仏教だろうが関係ない。インターネットなど無く臨死体験など誰も知らなかった1975年でさえ、この体験は世界で共通していた。これが死後の世界ならば、僕たちが思っているより、死は苦しく悲観的な存在ではないのかもしれない。

もう一つの「祖先の記憶」とは、生まれたばかりの子どもが知るはずのない、前世の記憶が残っているという現象だ。これは魂が生まれ変わることを意味する

もちろん、科学者はこれらを否定する。それは錯覚だ。作り話だ。薬の副作用だ。脳のホルモンのせいだ。

しかし、実際に科学で説明できない事が起きているのだ


  1. 自分が手術を受けている所を鮮明に説明する人
  2. 自分が知らない言語を理解できる子ども
  3. 天国で自分の知らない兄弟と再会した人
  4. 自分の前世を的確に説明する子ども

他にも数多くの科学では説明できない実例が存在する。

つまり、客観的事実に基づくと、臨死体験や生まれ変わりは、ただの幻覚や想像といった頭の中で起きる現象ではなく、人間の核にある化学では説明できないものだと言うことができるのだ

科学とは結局のところ、人間が証明できる狭い範囲のものでしかない。

死後の世界は存在し、人間の魂は生まれ変わる。これが死生学に基づき客観的に考えた事実だ。

自殺

コロナで自殺者が増えるは本当か?

臨死体験で非常に重要なテーマがある。それは「自殺」だ。日本では一年あたり約2万人が自ら命を絶っている。

僕たちは死ぬことにより、あらゆる苦悩から解放され、再び生まれ変わる。

しかし、自殺による臨死体験では、通常の臨死体験とは違う苦悩に満ちた体験が報告されている

それは真っ暗な宇宙の真ん中に置かれているような感覚で、一筋の光も見えず、この世で経験したことのない寂しさを味わう。自殺による臨死体験を味わった人が、再び自殺することは決して無い。それ程つらく、きつい体験だったようだ。だから自殺は絶対にしてはいけない。自ら命を絶つことによって、苦しみから解放されることは決してない。自殺してもその魂は再び同じ試練を与えられるのだ。

まとめ

死後の世界は存在し、魂は生まれ変わる科学では理解不能だが、これが死生学に基づく客観的な事実だ

他にも科学で説明できないモノの一つとして「祈りの力」というモノもある。麦の発芽実験では、何度繰り返しても「祈り」を受けた種の方が早く発芽する。「祈り」を受けた患者の方が早く回復する。僕たちの世界には、こういった頭では理解できない謎に満ちた部分が存在するのだ。

人は死ぬと天国に行く。そこでは、この上なく優しい愛の光に包まれ、あらゆる苦しみから解放される。そして、自分の人生を振り返り、光に問いかけられる。どれだけ人を愛したか、どれだけ学んだか。

死生学から人生の生きる意味を考えると、人を愛し学び続けることと言うことができる。

さいごに…

「死」と「生」 は相反するものではなく、背中合わせである存在だ。そして、いつもお互いに支えあっている。死について考えることで、自分が何をしたいのか、何をすべきなのかが明確になる。

しかし、実際に何が起こるかは死んでみないと分からない。それでも死は恐れるものでもなければ、苦しいものでもなく、言葉で表現することのできない優しい存在だ。このように考える事は人生の死に対する不安を和らげてくれる。

そして、魂は生まれ変わると考えることで、死が訪れる最後まで自分を大切にすることができ、人に思いやりを持って生きていくことができるのではないだろうか。

END

 

自殺・生きる目的について最近思うこと