ビットコインの下値を支える採掘原価の調べ方

今回は BTCの採掘原価の出し方についてまとめてみました

BTCの採掘原価を正確に予測することは困難ですが、およその値は調べる事ができます

採掘原価とは?

採掘原価とはなにか?

 

それはBTCをマイニングする上でかかる総コストの事です

マイナーは市場価格より安くBTCを採掘し、その値段差で利益を上げています

 

しかし、市場価格<(採掘費+運用コスト)となるとマイナーは儲かりません

つまり、マイナーの損益分岐点価格が採掘原価となります


採掘原価は、

  • 採掘難易度(Difficulty
    2週間に1回調整されるブロック形成における難易度
    ハッシュレート(1秒間辺りの計算量)の増減が影響
  • 運用コスト
    (機械代、電気代、人件費、税金etc.)

この辺りの影響を受け変化します

 

2019年現在、マイナーは電気代の安い中国に集中しており、

ハッシュパワーの70%を中国が握っていると言われています

Top 5 Biggest Bitcoin Mining Farms In the World 

 

採掘原価を簡単に調べる方法

では、採掘原価を調べていきます

 

求めるのは2019年9月現在、

一番大きいハッシュパワーをもつBTC.comの採掘原価です

ハッシュレート分布状況

(BLOCKCHAIN参照)

そして、今回使用するのはBTC.comの計算ツールです

ツールでは、 以下が自動で入力されています

 

  • マイニング機の性能
  • 電気代
  • 採掘難易度
  • 1年間の推定採掘利益率

 

採掘原価は赤枠部分を変更し

収益率の値が100%になるよう 値段を調整します

ここで求めた値段が採掘原価となります

計算ツール

  

現在の採掘原価を考慮して価格を見ると

サポートとして機能していることが分かります

BTC/USD

BTC推定採掘原価

採掘原価を下回るとどうなるか?

市場価格が採掘原価を割っても、

マイナーがすぐにマイニングをやめることは無いでしょう

(すでに下落に対するヘッジをかけてると思います)


赤字経営:利潤=-運用コスト 

という状態が長期間続くと、撤退せざるをえない企業も出てくるかもしれません

 

そして、採掘原価を下回ると、マイナーからの売り圧力が小さくなる事が予測されます

理由は簡単で、仕入れ値よりも売る値段が安くなるからです

 

ただし、長期間 下回り続けると

採掘原価が、サポートからレジスタンスに変わる傾向があります

 

中国のマイナーたちは、利益を海外に送り、政府の資金規制から切り離すという、別の動機もあるため、マイニングを続けるだろう

という意見もあります( CNBC)

最後に..半減期を迎えるBTC

 

以上が簡単に採掘原価を求める方法となります

 

さいごに…

BTCは2020/5/17に3回目の半減期を迎えます

半減期とは、マイナーが10分間に掘るBTCの量が半分になることで、

今回は、12.5BTC→6.25BTCになります

 

つまり、希少性の増加+マイナーによる売り圧力低下=価格上昇圧力(インフレ圧力)

となる傾向があります

 

過去2回のBCT半減期価格推移

Bitcoin Block Reward Halving

ハッシュレートとBTC価格の推移

HashRate & BTC/USD

 

力強いハッシュレートの増価をみると
マイナーたちは半減期を迎えるビットコインに対して、
相当な強気スタンスでいると言えるのではないでしょうか。