EURUSDはここから上昇する?

FX

こんにちは

自分は、EURUSDのロングを仕込み始めることに決めました^^

今回は、自分の整理も兼ねて、考えをまとめていきます

Outlook

現在ユーロドルは1.100辺りで推移しています

 

中々いかつい下げとなっていますが、

自分はこの辺り(1.100)から、積極的にダブルボトムを狙っていこうと思っています

 

理由としては、

  • IMMポジション
  • 国債利回り差
  • サイコロジカルライン(1.100)
  • ドイツ経済指標の回復

この辺りが上げられます

 

中でも特に、COT reportのポジション動向では、投機筋のSポジション解消が進んでいます

自分は、ここから1.095辺りまで買い下がる予定で、

売り手の利確+新規買いが入りやすい場所を探しながら、

4hレベルのダブルボトムを積極的に取りにいこうと思っています

 

全体的にも、下落チャネル内で推移しているので、

トレンドラインを抜ければ、テクニカル的にも買いが入るかも^ ^

値動きのリズムとしては、エリオット波動の第3波?をとりに行くイメージです

 

このポジションは、最安値更新で切ろうと思っています (1.088)

 

IMMポジション

IMMポジションの動向としては

  • レバレッジファンドの売り解消
  • 逆相関の強いディーラーによる新規売り

この辺りが目立ちます

 

アセットマネージャーも、結構前からEUR買いの動きとなっています

 

内部の動きでは、レバレッジファンドのみが、

積極的に売り込んでいた状態となっていましたが、

直近3週間の動きでは、売りの解消が進んでいることが分かります

 

OANDAのポジション動向

OANDAのポジション動向も見てみます

 

 

OANDAのオープンオーダーを見ると、1.100周辺に大きい買い注文が入っており、

市場参加者が、1.100のサイコロジカルラインを意識していることが分かります

オープンポジションは、買い手が含み損を抱えている状況で、買い手に不利な状況となっています

未決済ポジションは、EUR売りに偏っており、下落するとみている人が多いことが読み取れます(6対4)

 

よくある動きとしては、

1.100を割り込み、買い手のLCが入ったところで、

売り手の手仕舞い+新規買いにより反発というところでしょうか(^^)

 

国債利回り

ドイツとアメリカの、10年国債利回りを比較すると、

価格と逆行していることが分かります

 

為替は金利を中心に動く特徴があるため、

少なくとも売り解消圧力として機能しそうです

 

経済指標

最後に、ユーロとアメリカの経済指標を見てみます

 

ユーロを代表とするドイツの経済を見ると、景気回復傾向にあり

対するアメリカは、景気減速懸念が高まっています

 

EUR

ドイツ製造業購買担当者景気指数→45.2

ドイツZEW景気期待指数→26.7

ドイツIFO景況指数→96.3

ドイツ 小売売上高 (前月比)→2.1%

EUR圏消費者物価指数(CPI)→1.3%

 

アメリカ

米ISM製造業購買担当者景気指数→47.2

米ISM非製造業購買担当者景気指数→47.2

米国小売売上高(前月比)→0.3%

米国 新築住宅販売戸数→719k

まとめ

以上となります^^

 

  • IMMポジションユーロ買いの動き
  • 国債利回りの比較結果
  • 1.100の心理的節目
  • ユーロ圏の景気減速懸念の低下

この辺りを意識しています

 

注意点としては、ラガルド総裁による追加緩和の可能性

市場では、金利据え置きが織り込まれているみたいなので、フクロウに警戒ですw

 

 

 

END